Google XML Sitemapsの設定方法と使い方を画像付きで優しく解説

多くの人にホームページを見てもらうには、Google検索エンジンに自分のサイトを認識してもらう必要があります。

その認識力を上げてくれるプラグインが「Google XML Sitemaps」です。

Google XML Sitemapsは、サイトマップを自動で作成しGoogle検索エンジンに認識させる効果があります。

本記事では、Google XML Sitemapsの設定方法と使い方を画像付きで優しく解説していきます。

Google XML Sitemapsとは

Google XML Sitemapsとは前述した通り、Google検索エンジンに自分のサイトを認識させる手助けをしてくれるプラグインです。

Google検索エンジンは、ボットがページを巡回して認識し、検索結果を表示させています。

その作業をGoogle XML Sitemapsを導入することで、より認識させやすくしているのです。

ただ、あくまでも手助けをするためのプラグインなので、導入したからといって必ずしも検索エンジンの上位に表示させるものではありません。

Google XML Sitemapsの設定方法

Google XML Sitemapsの設定方法は、プラグインをインストールして有効化するだけで完了します。

以下では、Google XML Sitemapsの設定方法を解説しています。

Google XML Sitemapsのインストール

まずは、Google XML Sitemapsインストールをしていきましょう。

  1. 管理画面の左タブ「プラグイン」をクリック
  2. 画面上部の「新規追加」をクリック
  3. 検索欄に「Google XML Sitemaps」と入力
  4. 「今すぐインストール」をクリックして「有効化」をクリック

これでインストールは完了です。

Googleサーチコンソールでのサイトマップ申請方法

Googleサーチコンソールにサイトマップを申請することで、より正しく検索エンジンに認識されるようになります。

以下では、Googleサーチコンソールにサイトマップを申請する方法を解説しています。

サイトマップURLをコピー

Google XML Sitemapsで作成したサイトマップをより、検索エンジンに見つけやすくしてもらうためにGoogleサーチコンソールに申請しましょう。

申請方法はとても簡単です。

管理画面左タブ設定の「XML Sitemaps」をクリックし、画面上部「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL」の隣にあるサイトマップURLをコピーします。

サイトマップURLを貼り付ける

「Google Search Console」にログインします。

ログイン後の画面の左タブで「サイトマップ」をクリックすると、下記のような画面になります。

ここに先程コピーしたサイトマップURLを貼り付け、送信ボタンをクリックすることで、申請が完了です。

Googleサーチコンソールへのサイトマップの送信が完了すると、上記のように「成功しました」と表示されます。

これでGoogleサーチコンソールへのサイトマップの申請は完了です。

まとめ:Google XML Sitemapsを導入して検索エンジンに認識させよう

いかがでしたか?

「Google XML Sitemaps」を導入することで、検索エンジンにサイトを効率よく巡回してもらえる確率が上がります。

ぜひ、Google XML Sitemapsを導入して正しくサイトを認識してもらいましょう。