【簡単!】Head, Footer and Post Injectionsの使い方を解説

WordPressでGoogleアドセンスコードなどを貼り付けるには、ウェブページの HTML ソースコードに貼り付けます。

しかし、サイトのテーマによっては仕様が異なるので、どこに貼り付けて良いのか分からない場合もあるでしょう。

しかし、プラグイン「Head, Footer and Post Injections」を使うことでその問題は解決します。

本記事では、Head, Footer and Post Injectionsの使い方を解説していきます。

Head, Footer and Post Injectionsとは

Head, Footer and Post Injectionsとは、htmlなどのコードをサイトに追加できるプラグインです。

通常、Googleアドセンス広告などのコードを貼り付ける際には、手動で追加しなけれななりません。

さらにテーマを変更するたびに、コードの配置も変更しなければなりません。

なので、WordPress初心者にとっては複雑で難しい作業に感じる人も多いようです。

Head, Footer and Post Injectionsを使うことにより、初心者でもコードを簡単に追加することができます。

また、テーマを変更しても、その都度コードを変更する必要がなくなるのもこのプラグインの魅力です。

Head, Footer and Post Injectionsの使い方

Head, Footer and Post Injectionsの使い方は、驚くほど簡単です。

以下では、Head, Footer and Post Injectionsの使い方について解説しています。

Head, Footer and Post Injectionsをインストール

Head, Footer and Post Injectionsのインストール手順は、以下の通りです。

  1. 管理画面左の「プラグイン」➡︎「新規追加」をクリック
  2. 画面右上の検索窓に「Head, Footer and Post Injections」と入力
  3. 「今すぐインストール」➡︎「有効化」でインストール完了

コードの貼り付け

インストールが完了したら、いよいよコードを貼り付けます。

管理画面左タブの「設定」を開き「Head, Footer and Post Injections」をクリック

下記のような画面になるので、コードを貼り付け最後に「SAVE」をクリックして完了です。

まとめ:Head, Footer and Post Injectionsは初心者でも使いやすい

いかがでしたか?

「Head, Footer and Post Injections」を使うことで、驚くほどコードの追加が簡単になります。

コードの扱いがよく分からない人にとっては、心強い味方になってくれるはずです。

ぜひ、「Head, Footer and Post Injections」を利用してみてください。