【画像付きで解説】サイト分析を可視化できるAurora Heat Mapの使い方

WordPressのサイト運営をする上で、どのようなコンテンツが需要があるのかを分析することは重要です。

Aurora Heat Mapはそのようなサイト分析を可視化してくれるプラグインです。

本記事ではサイト分析に便利なAurora Heat Mapの導入方法と使い方を解説していきます。

この記事を読むことで、サイト上のWebマーケティングに役立ちます。

Aurora Heat Mapとは?

Aurora Heat Mapとは、そもそもどのようなプラグインなのでしょうか?

以下では、Aurora Heat Mapの機能について解説していきましょう。

サイト分析を可視化してくれるプラグイン

Aurora Heat Mapは分かりやすくいうと、サイト分析を可視化して表示してくれるプラグインです。

下の画像を見てもらうと分かるように、まるでサーモグラフィーのように色分けされています。

このようにAurora Heat Mapを導入することで、サイトのどの部分が多くクリックされているのかが一目で分かるのです。

Aurora Heat Mapの役割

Aurora Heat Mapのようなヒートマッププラグインとよく混同されがちなのが、アクセス分析ツールです。

アクセス分析ツールは、サイトのPV(ページビュー)やアクセス数を数字で分析したものでサイトの細かい分析はできません。

Aurora Heat Mapは、アクセス分析ツールよりもさらに細かい部分の分析が可能です。

例えば、Aurora Heat Mapを導入することで以下のことが分かります。

  • サイトのコンテンツを最後まで読んでくれているのか?
  • サイトのどの部分が多くクリックされているのか?
  • ユーザーがどのようなコンテンツに興味があるのか?

このようなことがAurora Heat Mapでは分かるので、コンテンツの見直しや新たに作成する時の指標となります。

また、企業などのサイトであればマーケティングにも役立つでしょう。

無料版と有料版がある

Aurora Heat Mapは、基本的に無料で使用できますが有料版もあります。

無料版と無料版の違いは、以下の通りです。

無料版有料版
価格(月額料金)無料2,189円(税込)
分析ページ上限なしなし
サイト上限なしなし
データ保存期間最長1ヶ月最長6ヶ月
離脱分析機能×
熟読分析機能×

有料版と無料版の一番の違いは、離脱分析と熟読分析機能の有無です。

無料版でも分析ページやサイトに上限がないので、まずは無料版から始めて必要であれば有料版を検討してみましょう。

Aurora Heat Mapの導入方法と使い方

それでは、実際にAurora Heat Mapの導入方法と使い方について解説していきます。

以下では、WordPressにAurora Heat Mapをインストールする方法と、使い方を画像付きで解説しています。

導入方法

Aurora Heat Map導入方法は、以下の手順で行います。

  1. 管理画面左バーの「プラグイン」を選択し「新規追加」をクリック
  2. 画面右上の検索バーに「Aurora Heat Map」と入力
  3. 「今すぐインストール」をクリックし「有効化」する

使い方

Aurora Heat Mapは、インストールしたら基本的に難しい設定は特に必要ありません。

ヒートマップを見るには、管理画面左の「設定」を選択し「Aurora Heat Map」をクリックします。

インストールしたばかりだと下の画像のように、ヒートマップには何も表示されません。

Aurora Heat Mapは、インストールしてからデータ収集をするので時間がかかります。

ヒートマップを見ることができるのは、サイトにもよりますがインストールしてから数時間〜数日後です。

データ収集が完了すると、下の画像のように一覧で表示されます。

PCとスマホでの閲覧数が確認でき、それぞれの数字を押すと下の画像のようにヒートマップが表示されます。

見方としては、赤色に近ければ近い箇所ほどたくさん閲覧されていることが分かる証拠です。

まとめ:Aurora Heat Mapでサイト分析を快適に

ここまで、Aurora Heat Mapの導入方法と使い方を解説してきました。

Aurora Heat Mapを導入することで、サイト分析がより快適になります。

ぜひ、Aurora Heat Mapを導入しコンテンツ作りに役立ててみてはいかがでしょうか?