【画像付き】PS Auto Sitemapの使い方と設定方法を解説

WordPressで記事一覧を表示するサイトマップを作るには、記事を書くたびに手動で更新する必要があります。

しかし、手動更新は時間と手間がかかり、記事の見落としも発生するでしょう。

そこで、プラグインである「PS Auto Sitemap」を使うことにより、自動的にサイトマップを生成し更新してくれます。

今回は、PS Auto Sitemapの使い方と設定方法を解説していきます。

PS Auto Sitemapとは

PS Auto Sitemapとは、サイトマップを自動的に生成し更新してくれる便利なプラグインです。

まずは、このプラグインがどんなプラグインなのか見ていきましょう。

サイトマップを出力できるプラグイン

PS Auto Sitemapは、サイトを訪問してくれたユーザーが記事を見つけやすいようにするためのページです。

サイト内の記事が多くなってくるとコンテンツが埋もれてしまい、ユーザーは見たい記事を探しにくくなります。

そこでサイトマップのページがあることで、記事が探しやすくなりユーザーは記事を見つけやすくなるのです。

通常サイトマップを作るには、新しい記事を追加するたびにサイトマップページも手動で更新しなければなりません。

しかし、PS Auto Sitemapを使うことで自動的にサイトマップページの更新を行ってくれるのです。

PS Auto Sitemapが使われる理由

PS Auto Sitemapは、多くの人に使われています。

その理由としてあげられるのが、使い方や設定方法が簡単だからです。

一度インストールして設定すれば、あとは記事を更新するたびに自動でPS Auto Sitemapがサイトマップを更新してくれます。

シンプルさと手軽さがこのプラグインの魅力です。

PS Auto Sitemapの使い方と設定方法

PS Auto Sitemapの使い方と設定方法は、とても簡単です。

まとめると以下のような手順を踏んで使用していきます。

  1. PS Auto Sitemapをインストール
  2. サイトマップ用の固定ページを作成
  3. 設定

PS Auto Sitemapをインストール

まずは、PS Auto Sitemapをインストールしていきます。

インストール方法は下記の手順で行いましょう。

  1. プラグインの「新規追加」を選択
  2. 検索欄に「PS Auto Sitemap」と入力
  3. 「今すぐインストール」をクリックし
  4. 「有効化」をクリックして完了

サイトマップ用の固定ページを作成

次にサイトマップ用の固定ページを作成していきます。

手順は以下の通りです。

  1. 固定ページを選択し「新規追加」をクリック
  2. 画面右上のタブを開く
  3. コードエディターにする
  4. サイトマップのタイトルを入力
  5. テキスト欄に<!–– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT ––>と入力
  6. 「公開」をクリック

公開が完了したら「固定ページ一覧」をクリックしてサイトマップ記事のID番号を確認しましょう。

ID番号は、下記の画像のように表示されています。

設定方法

次にPS Auto Sitemap側の設定をしていきます。

WordPress左タブの「設定」から「PS Auto Sitemap」を選択して下さい。

すると下記のような画面になるので、各項目を設定していきましょう。

基本的には、上記の画面のように設定するのがおすすめです。

表示したくない記事やカテゴリがある場合は、除外の欄に表示したくない記事IDを入力します。

サイトマップのデザインや表示スタイルなどは、お好みのものを任意で選択してください。

最後に忘れずに「変更を保存」をクリックして完了です。

まとめ:PS Auto SitemapでSEOを強化

ここまで、PS Auto Sitemapの使い方と設定方法を解説してきました。

PS Auto Sitemapでサイトマップを作成すると、ユーザーが記事を見つけやすくなります。

また、SEOも強化されるので記事の閲覧数も伸びるでしょう。

ぜひ、本記事を参考にしてPS Auto Sitemapを導入してみてください。