【サイト移転はこれでOK!】All in one WP migrationの使い方を解説

Webサイトのリニューアルなどに伴い、サイト移転をするにはかなりの作業量が必要です。

そこで、WordPressでサイト移転する時に便利なのが「All in one WP migration」です。

このプラグインは、サイト移転の際にかかる手間を大幅に軽減してくれます。

そこで本記事では、All in one WP migrationを利用してサイト移転する方法を解説していきます。

All in one WP migrationとは

All in one WP migrationとは、サイト移転にかかる膨大な手間を大幅にカットしてくれるプラグインです。

通常、サイトを移転するには移転前のサイトのデータの書き出しやファイルをインポート・エクスポートなど複雑な作業が必要になります。

しかし、All in one WP migrationを利用することで、サイト移転をより簡単に行うことができるのです。

基本的にこのプラグインは無料で利用できますが、最大アップロードサイズが「512MB」を超える場合には機能拡張(有料版)が必要です。

All in one WP migrationの使い方

All in one WP migrationの使い方は、3ステップで簡単です。

以下では、All in one WP migrationの使ってのサイト移転の方法を解説しています。

All in one WP migrationをインストール

まずは、All in one WP migrationを移転前のサイトと移転するサイトの両方にインストールします。

インストール手順は、以下の通りです。

  1. 管理画面左の「プラグイン」➡︎「新規追加」をクリック
  2. 画面右上の検索窓に「All in one WP migration」と入力
  3. 「今すぐインストール」➡︎「有効化」でインストール完了

移転前のサイトデータをエクスポート

移転前のサイトの管理画面左タブの「All in one WP migration」を開き「エクスポート」をクリックします。

次に「エクスポート先」を選択し「ファイル」をクリック

エクスポートが完了すると、ポップアップ通知で下記のような画面が表示されるので「〇〇をダウンロード」をクリックしてダウンロードしましょう。

これでエクスポートは完了です。

移転先のサイトにデータをインポート

移転先のサイトで「All in one WP migration」➡︎「インポート」を開きます。

移転前のサイトでダウンロードしたファイルをドラッグ&ドロップでアップロード、またはファイル選択でアップロードして下さい。

すると下記のような画面が表示され、アップロードが開始されます。

この時にブラウザを閉じるなどの操作はせず、しばらく待ちましょう。

インポートが完了すると下記のような画面に切り替わるので「開始」をクリック

しばらくして下記のようなが画面が出ればインポート完了です。

改めてログインすることで、移転前の内容が反映されていることが確認できます!

All in one WP migrationの使用上の注意点

All-in-One WP Migrationを利用するにはファイルサイズが「512MB」を超えると無料でインポートすることができません。

512MB以上のファイルをインポートするには、有料の「Unlimited Extension」を購入するか512MB以内にサイズを収めるようにしましょう。

ファイルサイズを小さくする方法

インポートするサイズファイルを小さくするには、以下の手順で行います。

  1. All in one WP migrationの「エクスポート」をクリック
  2. 「高度なオプション」をクリック
  3. 「「メディアライブラリをエクスポートしない (ファイル)」にチェック

この操作を行うことでメディアライブラリはエクスポートされないので、ファイルサイズを小さくすることができます。

まとめ:All in one WP migrationを使えばサイト移転が簡単になる

いかがでしたか?今回のステップをまとめるとこんな感じになります。

  • 「All in one WP migration」をインストール
  • 移転前のサイトのデータをダウンロード
  • ダウンロードしたデータを移転先のサイトにインポート

このようにAll in one WP migrationを使えばサイト移転は非常に簡単になります。

ぜひ、サイト移転の際には「All in one WP migration」を利用してみてください。