記事作成で重要な検索意図の調べ方とは?調べ方とメリットについて解説

検索意図の調べ方を知っているとさまざまなシーンでメリットが多いです。しかし、検索意図そのものを知らない人や調べ方を知らない人は多いのではないでしょうか。検索意図とは、インターネット検索を利用する人が検索する時に考えている目的のことです。本記事では、検索意図が大切な理由や調べ方、メリットについて解説しています。

ぜひ参考にしてください。

そもそも検索意図とは

GoogleやYahoo!などでインターネット検索を行う時に考えている目的のことを検索意図といいます。検索意図から、ユーザーの特性などが調査できるため、Webサービスなどにとってとても大切な情報です。

重要性

検索意図を知ることでユーザーの特性などを調べられるため、分野やシーンを問わずとても重要です。特性などを知ることで、ニーズに合う良質なサービスが作成できます。ニーズに合うサービスは多くの人に利用してもらえる可能性が高いです。

4つのクエリ

検索意図には、4つのクエリが存在しています。クエリは、問い合わせや訪ねるという意味の言葉です。4つのクエリは以下になります。

  1. Knowクエリ:検索したことを知りたい
  2. Goクエリ:検索した場所にいきたい
  3. Doクエリ:検索したことをやりたい
  4. Buyクエリ:検索したサービスを買いたい

検索意図のクエリについて理解することで、利用する人がどのような考えで検索しているかがわかります。クエリを知ることで、ユーザーの深層心理について理解できるようになり、ニーズ調査などに役立ちます。

分類

検索意図には、4つのクエリの他に「顕在意図」と「潜在意図」があります。

顕在意図とは、はっきりとした意図のことを指します。一方で、潜在意図は、考えていなかった自分の中に潜む意図のことです。

例えば、顕在意図として「痩せたい」と思っている場合の潜在意図は「安く」や「簡単に」などになります。このように、検索を行う人は必ず顕在意図と潜在意図を持っているため、意図に応えられるサービスを提供することが大切です。

検索意図の6つの調べ方

検索意図は、Webサービスなどを多くの人に利用してもらうためにとても大切です。しかし、調べ方がわからない人は多いのではないでしょうか。ここでは、検索意図の調べ方を解説します。検索意図の調べ方は以下の6つです。

  1. 自ら検索意図を考える
  2. バーティカル検索とユニバーサル検索を利用する
  3. 検索上位の記事を分析する
  4. 関連キーワードを利用する
  5. サジェストキーワードを利用する
  6. Q&Aサイトを利用する

1.自ら検索意図を考える

手順としては、まず自分が行いたいサービスのテーマを決定します。その後、テーマについて自分がユーザーの立場だったら何を知りたいかを考えます。この方法で重要なことは、客観的に検索意図を考えることです。

また、マインドマップなどを利用することで、自分の考えを客観的に整理できるようになります。

2.バーティカル検索とユニバーサル検索を利用する

バーティカル検索とは、Googleの入力欄の下にある「すべて・画像・ニュース・動画・ショッピング」などの項目です。バーティカル検索の並び順は、検索意図によって順番が異なります。例えば、スピーカーの場合は、「ショッピング」の項目が「すべて」の次にあります。バーティカル検索を利用することで、検索がどのような経緯によって行われているのか調査できます。

一方で、ユニバーサル検索とは、Googleで検索した際、検索結果の下に表示される最新のニュースや動画、写真などの項目です。ユニバーサル検索によって表示されるものは、キーワードのニーズに合っているものになります。そのため、ユニバーサル検索を利用することで、簡単にユーザーのニーズ調査が可能です。

3.検索上位の記事を分析する

SEOマーケティングなどを行う方なら必須で行っている分析方法です。検索すると表示される上位の5~10記事の内容を分析します。GoogleやYahoo!などでは、利用する人のニーズに応えられている記事が上位表示される仕組みです。

検索上位の記事を分析することで、キーワードに対してユーザーが考えている検索意図を知ることが可能です。

4.関連キーワードを利用する

関連キーワードは、Googleの場合、検索結果の最下部に載っています。そこから、調べた人の検索意図を分析することが可能です。

例を挙げると「スピーカー」と検索すると「スピーカー 小型」などが表示されます。そこから、スピーカーを調べているユーザーの中には、小型のものが欲しい人がいることが分析できます。このように、関連キーワードを利用することで、簡単にユーザーの顕在意図と潜在意図の分析が可能です。

5.サジェストキーワードを利用する

サジェストキーワードとは、キーワードを入力した後に予測され表示されるキーワードのことです。利用する方法の例を挙げてみましょう。

「スピーカー」と入力すると「 ブルートゥース」などのサジェストキーワードが結果として出てきます。この結果からユーザーの検索意図としては、ブルートゥースのスピーカーが欲しい人もいるということが分析が可能です。

このように、簡単にユーザーの検索意図の分析が行えます。また、サジェストキーワードを調べられるツールなどもあるため、利用することがおすすめです。

6.Q&Aサイトを利用する

Q&Aサイトでは、キーワードについて知りたいことの質問を行っています。その質問から利用する人の検索意図を分析することが可能です。特に、Q&Aサイトでは、知りたいキーワードについて質問しているため、顕在意図の分析が行いやすくなっています。

検索意図を調べる2つのメリット

検索意図を調べることでさまざまなメリットがあります。ここでは、検索意図を調べるメリットについて解説します。メリットは以下の2つです。

  1. 利用する人のニーズを予測できる
  2. 良質なサービスの作成につながる

1.利用する人のニーズを予測できる

検索意図を調べることで、利用する人がキーワードについてどのような意図を持っているのか分析できます。そして、利用する人の検索意図を知ることで、ニーズの予測が可能です。予測により、キーワードに対してどの程度、ニーズがあるのか分析できるようになります。

2.良質なサービスの作成につながる

Webサービスなどを行っている場合、どのような検索意図を持ちWebサービスを利用しているか分析することが大切になります。なぜなら、ニーズに応えられなければ、サービスを作成しても利用してもらえないからです。

特にWebサービスは、ニーズに応えられているかが利益につながりやすくなっています。良質なサービスを作成するために検索意図の調査は大切になります。また、その他の分野やシーンでも検索意図を調べることで、ニーズを知れるため、大きなメリットになります。

まとめ:検索意図の調べ方を理解して良質なサービスを作成しよう!

本記事では、検索意図の重要性や調べ方、メリットについて解説しました。検索意図を調べることで利用する人のニーズを知ることができるため、さまざまなシーンで役に立ちます。特に、インターネットを使ったサービスなどとは相性がとても良いです。

ぜひ試してみてください。