SEOライティングに役立つ5つのコツとは?重要な3つのポイントについても解説

検索エンジンで上位表示をさせるためのSEOライティングは、マーケティングなどさまざまなシーンで情報を発信できるため、近年注目されています。そこで本記事では、SEOライティングに役立つコツや重要なポイントについて解説していきます。ぜひ参考にしてください。

SEOライティングとは

SEOライティングは、ライティングの手法の1つであり、記事を検索上位に表示させるために重要です。なぜなら、SEOライティングは、検索エンジン最適化「SEO」を意識したライティングの手法だからです。SEOを意識することで、検索エンジンが良質な記事であると認識し、検索上位に表示する仕組みになっています。

SEOとは何か

SEOとは具体的にどのようなものなのでしょうか。SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で検索エンジン最適化という意味です。検索エンジン最適化の対策を行ったライティングをSEOライティングと呼びます。

SEOライティングによって作成された記事は、Googleなどの検索エンジン上で上位に表示されやすくなっています。そのため、Webサイトによるマーケティングなどの際に利用されます。

SEOライティングの目的

SEOライティングの目的は、検索エンジン上で最上位に表示されることです。検索エンジンとは、GoogleやYahoo!などのことを呼び、検索エンジン上で最上位に表示されると、多くのユーザーがWebサイトに足を運びます。そして、上位表示されたWebサイト上でマーケティングなどを行うことで、多くのユーザーがサービスを利用する可能性が高まります。

また、あるキーワードでインターネット検索を行った際、多くの方は上位3つのWebサイトまでしか目を通しません。そのため、SEOライティングを行い、Webサイトを検索エンジン上で上位表示させることがとても重要です。

SEOライティングの2通りのやり方

SEOライティングには、大きく分けると「検索エンジン最適化を行うライティング」と「読み手への配慮を最適化し行うライティング」の2つがあります。ここでは、それぞれのやり方の特徴について解説していきます。

  1. 検索エンジン最適化を行うライティング
  2. 読み手への配慮を最適化し行うライティング

1.検索エンジン最適化を行うライティング

検索エンジン最適化を行うライティングは、一般的なSEOライティングのやり方です。特徴としては、検索エンジンの上位への表示を目的にさまざまな施策を取ることです。多くの方が利用しているGoogleで検索エンジン最適化を行う場合は、Googleのシステムに良質なWebサイトだと思われる必要があります。

そのため、検索エンジン最適化を行うライティングでは、Webサイトを掲載する検索エンジンの意図を理解し、それを踏まえたうえでライティングを行うことが重要です。

2.読み手への配慮を最適化し行うライティング

読み手への配慮を最適化し行うライティングは、検索エンジンよりもWebサイトを閲覧するユーザーに配慮し、SEOライティングを行います。SEOライティングという面では、検索エンジン最適化も含まれているのですが、読み手が最後まで目を通しやすいWebサイトを作成することが特徴です。

また、読み手への配慮を最適化することで、結果的に検索エンジン最適化にもつながるため、一石二鳥のライティング方法となっています。

このようなことから、SEOライティングを行う場合は、2つのやり方を理解し、併用することで良質なWebサイトの作成につながります。

SEOライティングで役立つ5つのコツ

SEOライティングでは、検索エンジン最適化や読み手への配慮などさまざまな対策が必要になります。しかし、対策をどのように取ればよいのか悩む方もいると思います。そこでここでは、SEOライティングで役立つ5つのコツを紹介していきます。

  1. タイトルにキーワードを含める
  2. 見出しの構造を理解する
  3. 1文を長くしすぎずキーワードや共起語を含める
  4. パーマリンクはキーワードを含め設定する
  5. 画像や表を利用することで文章を読みやすくする

それぞれ解説していきます。

1.タイトルにキーワードを含める

タイトルには、必ずキーワードを含めるようにしてください。例えば、スピーカーについてライティングを行う場合は、タイトルに「スピーカー」というキーワードを含めるようにします。また、タイトルは32字~42字程度が適切であり、キーワードをタイトルの冒頭に持ってくることでSEO対策になります。

2.見出しの構造を理解する

見出しの構造を理解しておくことで、良質なWebサイトを作成できます。見出しの構造は、基本的に「タイトル」、「見出し2」、「見出し3」、、、となっており、タイトルの下に見出し2があり、その下に見出し3と続いていきます。この順番が異なってしまうとSEO的には、良いものではなくなってしまうため、注意しましょう。

また、ライティングの際にWordPressなどを利用する場合は、「タイトル=<title></title>または<h1></h1>」、「見出し2=<h2></h2>」、「見出し3=<h3></h3>」といったHTMLタグを利用することもあります。ライティングを行う際には、簡単なHTMLやCSSの知識を持っとくと役立ちます。

3.1文を長くしすぎずキーワードや共起語を含める

1文を長くしすぎずキーワードやその共起語を含めることで、SEO対策が行えます。1文の長さは、30字程度から長くても70字程度くらいまでにしましょう。キーワードや共起語を含めることでより質の高いライティングが行えます。特に、キーワードは文の冒頭に含めることで、検索エンジンから評価の高い記事になるため、重要です。

4.パーマリンクはキーワードを含め設定する

SEOライティングでWebサイトを作成し、投稿する際にはパーマリンクが必要になります。パーマリンクとは、WebサイトのURLの「.com/」の後の英字のことです。その際、パーマリンクにはキーワードを含めて設定することが重要です。例えば、キーワードがスピーカーである場合、パーマリンクに「speaker」を含めるようにします。

パーマリンクにキーワードを含めるだけでもSEO対策になるため、SEOライティングの際には、意識してみてください。

5.画像や表を利用することで文章を読みやすくする

文字だけのWebサイトでは、ユーザーが読み疲れしてしまい途中離脱してしまいます。そのため、記事の要所で画像や表を利用し、ユーザーが読み疲れすることを防止しましょう。また、画像や表を利用し、文章を読みやすくすることで、読み手への配慮を最適化できるため、SEO対策にもなります。

SEOライティングで重要な3つのポイント

最後に、SEOライティングで重要な3つのポイントについて解説していきます。

  1. 専門性
  2. 権威性
  3. 信頼性

1.専門性

SEOライティングのキーワードについての専門性が高ければ、検索エンジンに良質なWebサイトだと判断されやすくなります。特に、医療や金融などは専門性が重要になる分野です。SEOライティングで評価されるためには、専門性が必要なことを理解しておきましょう。

2.権威性

SEOライティングで評価される記事は、権威性が高いものが多いです。権威性とは、誰が書いているかや発信しているかなどです。金融分野をファイナンシャルプランナーが監修してWebサイトを作成すると、権威性が高いと評価され、検索上位に表示されやすくなります。このように、SEOライティングでは、権威性が重要なことを理解しておきましょう。

3.信頼性

信頼性もSEOライティングの評価に大きくかかわるポイントです。ライティングの際に信頼性を高めるためには、レビューできるものは利用した感想や写真などを記入するといったことになります。信頼性は、Webサイトやコンテンツの品質に大きくかかわってくるため、重要なことを理解しておきましょう。

まとめ:検索エンジンと読み手への配慮を最適化し効果的なSEOライティングを!

本記事では、SEOライティングのコツやポイントについて解説しました。検索エンジンと読み手への配慮を最適化することで効果的なSEOライティングが行えるようになります。SEOライティングは、マーケティングなどさまざまなシーンで役に立つため、ぜひ試してみてください。