【初心者必見】記事の書き方の基本とは?手順やコツについて解説

Webサイト用記事は、雑誌などと書き方が異なります。雑誌などのような書き方をしてしまうと、Webサイト的には良いものとは言えません。なぜなら、Webサイトに訪問するユーザーの多くが答えをすぐに知りたいと思っているからです。を本記事では、基本的なWebサイト用記事の書き方や手順、コツについて解説していきます。ライティングに興味がある方はぜひ参考にしてください。

基本的なWebサイト用記事の書き方

Webサイト用記事を書くことに慣れていない初心者の方の多くは、書き方がわからないと思います。そのため、少ない文字数のWebサイト用記事を作成することも時間がかかり大変です。しかし、記事を書く手順さえ覚えてしまえば、5,000文字程度の記事なら簡単に作成できます。ここでは、基本的なWebサイト用記事の書き方について解説します。手順は以下の通りです。

  1. Webサイト用記事のテーマを決定する
  2. テーマに対するニーズを調査する
  3. Webサイト用記事のペルソナを決定する
  4. Webサイト用記事の構成を作成する
  5. Webサイト用記事を執筆する
  6. Webサイト用記事を装飾する
  7. Webサイト用記事の校正を行う

1.Webサイト用記事のテーマを決定する

まずは、Webサイト用記事のテーマを決定します。具体的には、記事のキーワードやどのような形で掲載するかなど大まかに決定していきます。

2.テーマに対するニーズを調査する

続いて、決定したテーマに対するニーズを調査します。テーマについてインターネットで検索を行うことやSNSなどを利用し、調査しましょう。ポイントは、さまざまな方法でニーズを調査することです。一つの方法のみでは、十分なニーズ調査が行えない可能性があります。

3.Webサイト用記事のペルソナを決定する

続いて、Webサイト用記事のペルソナを決定します。ペルソナとは、記事を読むであろう人物が持つ特徴や属性などのことです。例えば、「筋トレ」というテーマでペルソナを決定すると「30代・男性・独身」や「20代・女性・子供がいる・痩せたい」などになります。このように、ペルソナは、記事を書く自分自身で自由に決めることが可能です。

また、ペルソナを決定することで、ユーザーのターゲットが絞りやすくなるため、必ず設定してください。

4.Webサイト用記事の構成を作成する

次に、Webサイト用記事の構成を作成していきます。ペルソナを決定したことで、記事を読むユーザーのターゲットがある程度絞れているはずです。ターゲットが抱えている問題を解決し、知りたい情報を知れるような記事の構成を作成していきましょう。具体的には、記事のテーマとなるキーワードを含んだタイトルや見出しを作成します。

特に、タイトルや見出しを見ただけでWebサイトの情報がわかるようにすることが重要です。

5.Webサイト用記事を執筆する

構成が完成したら、いよいよWebサイト用記事の執筆を行います。ターゲットのニーズに応える内容を執筆していきます。Webサイト作成では、執筆の時間が重要だと思われがちです。しかし、前述で解説した手順に時間をかけることでスムーズな執筆が可能になります。そのため、執筆以上に前述で解説した手順に十分な時間をかけるようにしましょう。

6.Webサイト用記事を装飾する

記事の執筆が完了したら装飾を行います。記事の装飾が必要な理由としては、Webサイトを訪問したユーザーの読み疲れを防止するためです。読み疲れを防止することで、Webサイトの途中離脱対策につながります。また、記事を装飾することで、読みやすくなり内容が伝わりやすくなります。

7.Webサイト用記事の校正を行う

記事の装飾が完了したらもう一度記事を読み直し、誤字脱字や表現のゆれがないか校正を行いましょう。一度書いた記事をもう一度読み返すことで、修正が行えるようになり、品質の高い記事の作成が可能です。校正が完了したら、Webサイト用記事の完成となります。

Webサイト用記事を書く際の5つのコツ

Webサイト用記事を作成する際、コツを学んでおくと役に立ちます。コツは以下の5つです。

  1. キーワードを冒頭に置く
  2. 同じ接続詞は一文に一つまでにする
  3. 同じ語尾を避けて読みやすくする
  4. 必要に応じて漢字をひらがなにひらく
  5. 表現のゆれをなくす

それぞれ解説していきます。

1.キーワードを冒頭に置く

キーワードは、できる限り文章の冒頭に置きましょう。冒頭にキーワードをおくことで、SEO対策になり、検索エンジンから良質な記事だと認識されやすくなります。良質な記事だと認識されると、検索上位に表示されやすいです。上位表示される記事は、多くのユーザーに訪問されやすくなります。

2.同じ接続詞は一文に一つまでにする

同じ接続詞は一文に一つまでにしましょう。同じ接続詞が一文に複数あると、読み手が読み疲れしやすく、内容も薄れます。接続詞は一文に一つまでにし、内容を充実させることが重要です。

3.同じ語尾を避けて読みやすくする

同じ語尾を連続で使いすぎないようにしましょう。同じ語尾が続くと文章が単調になり、読みにくい記事になってしまいます。具体的には、「です」や「します」、「しましょう」などの語尾を連続で使用しないことです。また、語尾を「です・ます」と「体言止め」に統一するようにしましょう。

4.必要に応じて漢字をひらがなにひらく

必要に応じて漢字をひらがなにひらくようにしましょう。漢字をひらくとは、漢字をあえてひらがなにすることです。例を挙げると「下さい→ください」や「簡単→かんたん」などです。また、逆にひらがなを漢字にすることをとじると言います。ひらくととじるを使い分けることで読みやすい記事の作成が可能です。

5.表現のゆれをなくす

表現のゆれをなくすことで記事の品質を高められます。表現のゆれとは「コンピュータとコンピューター」や「利用者とユーザー」などのことです。表現のゆれがあると読み手は、違和感を感じてしまいます。

初心者必見!おすすめな記事の書き方ポイント5選

初心者でもすらすらと記事が書けるおすすめな記事の書き方を紹介します。書き方のポイントは以下の5つです。

  1. 5W2Hでテーマを決定する
  2. 書く前に記事に必要な要素を洗い出す
  3. 結論から書く
  4. 読み手ファーストを心がける
  5. 独自の要素を含める

それぞれ解説していきます。

1.5W2Hでテーマを決定する

記事作成の際に「5W2H」を意識すると記事が書きやすくなります。5W2Hとは、以下の単語の頭文字からできた言葉であり、ビジネスシーンなどで利用されます。

  • Who(だれが)
  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • What(なにを)
  • Why(なぜ)
  • How(どのように)
  • How much(いくらで)

5W2Hに当てはめ、テーマを決定することで、より具体的かつ質の高い記事作成が可能です。

2.書く前に記事に必要な要素を洗い出す

あらかじめ必要な要素を洗い出しておくことで、記事をすらすらと書けるようになります。調べながら記事を作成すると、書いている手を止め、確認しなければなりません。しかし、記事に必要な要素を洗い出しておくことで、書く手を止めずに執筆が可能になります。

3.結論から書く

Webサイトの記事は雑誌などとは異なり結論から書くことが重要です。Webサイトを訪問するユーザーの多くは、情報をすぐに知りたがっています。そのため、結論から書くことで、読み手が途中で離脱してしまうことを防止できるため、重要です。

4.読み手ファーストを心がける

読み手ファーストを心がけることで質の高い記事の作成が可能です。ユーザーが知りたい情報を網羅できるようになり、記事の質の向上につながります。また、Googleは読み手ファーストな記事を評価しており、SEO対策にもつながります。

5.独自の要素を含める

独自の要素を含めることで、他の記事との差別化が可能です。差別化を行うことで、Googleに評価されるため、SEO対策につながります。SEO対策を行うことで、検索上位に表示されやすくなるため、独自要素を含んだ記事を作成することがとても重要です。特に、体験談はその人のみの要素になるため、積極的に取り入れましょう。

まとめ:記事の書き方のコツとポイントを意識して楽しくライティング!

本記事では、Webサイト用の記事の書き方について解説しました。初心者の方でも解説した手順とコツ、ポイントを押さえることで簡単に記事を書けるようになります。ライティングに興味がある方はぜひ挑戦してみてください。