【保存版】Canvaの使い方 | プロ顔負けの無料安心ツールを徹底解説

YouTubeやブログに使える、オシャレなアイキャッチ画像を作りたい。

デザインにお金はかけたくないが、プロ仕様のデザインを手に入れたい。

プロ顔負けのデザインが簡単に作れるようなツールが知りたい。

このように感じている方は、とても多いのではないでしょうか?

しかしWEBデザインは奥が深く、デザインについての知識はもちろん、PhotoshopやIllustratorなどのツールを使いこなすスキルも必要になってきます。

しっかりと学習時間を確保できないのであれば、WEBデザイナーさんに外注するのが得策でしょう。

そこで、「Canva」を使って”簡単にプロ仕様のデザイン”を作成してみてはいかがでしょうか。

「デザインなんて学んだことがないから大丈夫かな…。」と不安に感じる方もいらっしゃるかと思いますが、心配いりません。
Canvaはテンプレートも豊富で、簡単な操作で使いこなせるように設計されています。

今回の記事では、初心者の方が記事を読みながらCanvaを使えるように、「Canvaの基礎知識から使い方、デザインする際のポイント」まで徹底解説しています。

この記事は下記のような方に読んでいただければと思います。

  • 手っ取り早くおしゃれにデザインしてくれるツールが知りたい。
  • プロが作ったようなデザインが欲しいけれども、外注費は抑えたい。
  • 豊富なテンプレートで迷うことなくデザインを作れるツールが欲しい。

Contents

デザインツール「Canva」とは?

Canva 使い方

「Canva」とは、オーストラリアの企業がリリースした、ブラウザ上で編集や管理ができるデザインツールのことです。
世界中で使われていますが、日本語にも完全対応しているので、操作に心配はいりません。

ドラッグ&ドロップで直感的にデザインの編集ができ、クラウド上でデータを保存しておくことができます。そのため、ネット環境さえあれば、いつでもどこでも作業が可能です。

また、各種テンプレートも豊富です。
Facebook、Instagram、Twitter、YouTubeなどの画像はもちろんのこと、プレゼン資料用テンプレートも揃っているので、ビジネスユースとしても重宝します。

用途に沿ったテンプレートが扱えるので、デザイン初心者の方でも簡単にプロ仕様なデザインを作成できます。

あまりに使い勝手が良いことから、デザイナーではない個人や、コストを削減したい中小企業などでCanvaが採用されています。

Canvaを使うメリットとデメリット

Canva メリット デメリット

Canvaは、誰にでもおすすめできるツールですが、メリットとデメリットがあります。

Canvaを使うメリット

Canvaを使うメリットは、以下の5つです。

  1. デザインデータがクラウド上で全自動保存される
  2. 250,000点以上のテンプレートを使うことができる
  3. 他のデザインツールに比べ日本語フォントが充実している
  4. 商用利用可能でクレジット表記も必要なし
  5. iPhoneやスマホからでもデザイン編集可能

あなたの使用感に合うかどうか、確認してみてください。

デザインデータがクラウド上で全自動保存される

Canvaで編集したデータは、クラウド上で保存されます。そのため、あなたのパソコンの容量を圧迫したり、デスクトップを散らかしてしまう心配がありません。

画像データが増えてくると、ファイルの整理整頓も大変ですよね。Canvaは全てクラウド上に保存してくれるので、整理整頓がにかける時間を短縮することができます。

また、Canvaで作成したデザインはクラウド上ですべて保存されるので、「誤ってデザインファイルを削除してしまい作り直し…。」ということもなくなります。

250,000点以上のテンプレートを使うことができる

Canvaには250,000点以上の無料テンプレートがあります。テンプレートを活用すれば、簡単に”オシャレかつプロ仕様”なデザインを作成することが可能です。

テンプレートは、目的によって分けられています。
例えば、SNS投稿用もあれば、名刺やプレゼン資料用などのビジネスユースもあるので、用途によって選んでみてください。

趣味で使うにはもちろん、ビジネスとしても使用できるので、ワンランク上のデザインを簡単に作成することが可能になります。

他のデザインツールに比べ日本語フォントが充実している

Canvaは他のデザインツールに比べ、日本語フォントが充実しています。

海外ツールでありがちなのは、日本語フォントの不足です。「デザインはオシャレだけれど、アルファベットのフォントしか選べない…」というようなことがあります。

Canvaは日本語フォントが多いので、日本人向け広告バナーの作成やデザイン作成などで困ることがありません。

商用利用可能。クレジット表記も必要なし

Canvaは商用利用可能でクレジット表記も必要ないので、ビジネスにおいても遠慮なく使用できます。

例えばプレゼン資料や名刺などを作りたい時、クレジット表記が義務付けられていると使い道が限られてしまいますよね。

商用利用可能なので、ポスターやチラシ、フライヤーの作成などに活用してみてはいかがでしょうか?

ただし「Editorial Use Only」と表記があるものに関しては、教育現場のみの使用が許可されています。「Editorial Use Only」と表記があるものだけは商用利用ができないので、注意しておきましょう。

iPhoneやスマホからでもデザイン編集可能

Canvaは、iPhoneやスマホからでも編集可能です。Android、iOS共にアプリがリリースされているので、ぜひインストールしてみましょう。

iPhoneやスマホさえあれば、いつでもどこでもデザインを作成できるようになります。

また、クラウド上にデザインが保存されることから、「パソコンで行っていた作業の続き」をiPhoneやスマホで行うことができます。
※同一アカウントでのログインが必要です。

ほとんどのデザインツールはパソコン上でしか動作しませんが、Canvaはスマホとパソコン両方から編集できるので非常に便利です。

「隙間時間に少しデザインをいじる…。」ということができるので、作業効率も大幅にアップするでしょう。

Canvaを使うデメリット

良いことばかりのように思えるCanvaですが、少しのデメリットもあります。

  1. ブラウザ上で動作するので若干動きが重い
  2. ゼロから細かなデザインパーツを作成することはできない

気になる点があれば、他の手段を検討しても良いかもしれません。

動作が少し重い

Canvaはブラウザ上で動作するツールなので、若干動きが重くなってしまいます。

例えば、ある程度自分でデザインができ、IllustratorやPhotoshopを扱えるのであれば、Canvaの力は必要ないかもしれません。ブラウザで動かすよりもデスクトップ上で動くツールを使ったほうが、快適に作業できるからです。

ただし総合的な作業効率で考えると、Canvaのほうが便利に感じる方がほとんどでしょう。テンプレートがあるので、デザインに迷う時間は削れます。また、直感的に操作できるので、マニュアル資料を読み込んで学習する必要もありません。

確かに若干動作は重く感じますが、作業効率を考えると大きなデメリットに感じることはないでしょう。

ゼロから細かなデザインパーツを作成することはできない

Canvaには、プロのデザイナーがPhotoShopやIllustratorで行うような「ゼロから細かなデザインパーツを作成」する機能はありません。

Canvaは、あらかじめ用意された素材(または自身で用意した素材)をうまく活用して、完成度の高いデザインを作成するのには優れています。

しかし、もしも細かくゼロからデザインパーツを作りたい…ということであれば、PhotoshopやIllustratorの学習を検討したほうが良いかと思います。

Canvaの使い方 | デザイン作成のための環境構築

Canva 使い方 環境構築

Canvaの使い方は、非常に簡単です。何度か操作するとするに慣れると思いますので、いくつか試しにデザインを作ってみてください。

1.Canvaにアクセスする

まずはCanvaにアクセスします。(https://www.canva.com/ja_jp/)

2.Canvaに登録する

次に、Canvaにユーザー情報を登録しましょう。登録していなくてもデザインの編集はできますが、保存やダウンロードする際には、ユーザー登録しておく必要があります。

画面右上の「登録」をクリックしましょう。

登録方法は「Googleアカウント」「Facebookアカウント」「メールアドレス」と選べます。それぞれお好きな登録方法を選ぶだけで、ユーザー登録は完了です。

Canvaの使い方 | 基本的なテンプレート操作方法を学ぼう

ユーザー登録が完了したら、早速テンプレートを使用してデザインを作っていきましょう。今回は例として「名刺作成」を行っていきたいと思います。

上の画像のように左上のメニュー「テンプレート」から「名刺」を選んでください。選択すると、たくさんのテンプレートが並ぶと思います。

お好きなテンプレートを選択し、編集画面に移りましょう。

テンプレート上の文字をクリックして編集する

テンプレートを選択したら、上の画像のような編集画面に変わります。まずは、文字を編集していきましょう。文字の上をクリックすると、編集できるようになると思います。

ここでは「株式会社ABC」という社名にしました。次にフォントを変えてみましょう。

フォントを変えたい文字を選択し、画像の赤枠の箇所をクリックしてください。ここからフォントを選ぶことができます。ここでは「チェックポイント」を選択してみました。

テンプレートの模様(柄)を移動する

テンプレートには、画像に模様(柄)がありますよね。この模様は自由に動かすことができます。柄を選択して、ドラッグ&ドロップで直感的に動かせます。

好きな位置に移動できるので、オリジナリティのあるデザインが完成します。もしもデザインがいらなければ、デリートキー(もしくは右クリックで削除)で消すこともできます。

テンプレートの背景色を変更する

最後に、背景色を変えてみましょう。文字もデザインも何もないところをクリックすると、色を選択する項目が出てきます。

赤枠のところをクリックし、色を選んでみてください。今回はグリーンを選んでみました。

もしも背景が色ではなく画像なら、その画像を変更することもできます。Canvaに用意されている無料の画像を使えば、高クオリティーの背景が出来上がるでしょう。また、自分で写真や画像をアップロードし、それを使用することも可能です。ただし、画像自体に著作権があったり、コピーライトの記述が必要な場合は、気を付けて使用するようにしてください。

同じ要領で裏面の編集もできます。画像をスクロールすると、2ページ目に裏面の画像も表示されるはずです。

これで、簡単なステップでオリジナルの名刺が完成しました。

完成したデザインをダウンロードまたは印刷をする

出来上がったデザインは、ダウンロードをしたりそのまま印刷することができます。

上の画像の矢印部分、右上の3つの点をクリックしてみてください。クリックすると「ダウンロード」や「共有」などがあると思います。ここでは「ダウンロード」を選択してみましょう。

ダウンロードをクリックすると、ファイルの種類を選べるようになります。ダウンロードできるファイルの種類は、以下の6つです。

  • PNG
  • JPG
  • PDF(標準)
  • PDF(印刷)
  • MP4形式の動画
  • GIF

お好きなファイル形式でダウンロードできます。端末に保存しておきたい場合は、こちらからダウンロード保存しておきましょう。

Canvaの使い方 | 細かい操作方法を覚えて応用しよう

Canva 細かい 使い方

Canvaは、基礎的な使い方だけでも十分おしゃれに仕上がります。さらに細かい操作方法を覚えて応用すると、他のCanvaユーザーとは一味違ったデザインを作ることが可能です。

デザインや要素をコピー&ペーストする

「Ctrl」+「c」でコピー
「Ctrl」+「v」でペースト

文章作成などと同じように、Canvaでもコピーとペーストができます。文字にもデザイン内の模様(柄)にも使えるので、時短テクニックとして活用してください。

例えば、別の文言で同じフォントを使いたい時などは、いちいちフォントを設定するよりもコピペしたほうが早いです。

同じ動作で画像や文字をコピーすることも可能です。同じアイコンを何度も繰り返し使いたいときなどは、こちらのボタンを連打すると時短になるでしょう。

動作をやり直す | ひとつ前の作業に戻る

「Ctrl」+「z」

ひとつ前の作業をやり直すことができるショートカットキーです。こちらも文章作成などと同じように使用可能なので、使いこなしてみてください。

Canvaはドラッグ&ドロップをよく使うと思うので、やり直しのショートカットキーは活躍するかと思います。

デザインや要素を複製する

「alt」+ドラッグ&ドロップ

文字や柄などを複製(コピー)するショートカットキーです。コピペと似ていますが、こちらのほうがスピーディーに複製ができます。文字や柄に使ってください。

意図的に素材の縦横比を変える

「shift」+ドラッグ

Canvaは拡大や縮小をする際に、デフォルトでは縦横比が固定されたままです。意図的に縦横比を変えて拡大や縮小をしたいのであれば、このショートカットキーを使ってください。

デザインや要素を細かく移動させる

矢印ボタン

画像や柄、文字などを細かく移動させたい時は、矢印キーを使いましょう。マウスで動かすよりも細かく微調整できるので、デザインを整える際に役に立ちます。

画像素材の透過度を調整する

画像をクリックして選択し、上記の右上のアイコンを選択すると、透明度を設定するスライダーが出てきます。これを調整すると、画像の透明度の変更が可能です。

画像の透過度を調整すると、デザインの雰囲気を変えられたり、文字を見やすくすることができます。デザイン面、実用面から使えるアイディアです。

デザイン内にリンクを設置する

Canvaは、文字や画像にリンクを埋め込むことができます。例えば、プレゼン資料などはリンクが貼ってあった方が丁寧でしょう。その他にも、お店のHPアドレスなどを貼ったり、ブログへのリンクを貼るなどの活用も可能です。

新しいページを追加する

Canvaは、新しいページを追加することで複数のデザインを作成できます。上の画像の「新しいページを追加」という箇所をクリックすると、新規でページが追加されます。

新規のページは100枚まで追加でき、上の画像の赤枠には今のページ枚数が表示されています。

例えば同じプロジェクト内のデザインであれば、このようにページを追加していくと、整理整頓も同時に行えるでしょう。プレゼン資料なども同様です。一枚ずつ新規で作成していては面倒なので、ページを追加して資料を完成させていくのが良いと思います。

デザインデータにメモを残す

Canvaは、データにメモを残すことができます。画像の赤枠をクリックすれば、メモを書き込めるはずです。

メモの用途は多岐に渡ります。例えばチームでCanvaを使っているときなどは、メッセージのように使えるでしょう。また自分ひとりで使っていたとしても、メモを残しておくことで備忘録として活用することも可能です。

パーツ同士の重なり順序を変更する

Canvaでは、各パーツの重なり順序を変更できます。

重なり順序を変更したい画像やテキストを選択後、ツールバーの「配置」をクリックします。すると「前面へ」「最前面へ」「背面へ」「最背面へ」と選べるようになるので、お好みの配置を選択してください。
(重なっているパーツの数によっては「前面へ」と「背面へ」のみが表示されます。)

また、この操作は右クリックでも可能です。お好みの方法で操作してみてください。

音楽をつけたり動画を挿入する

Canvaでは、デザインに音楽を付けたり、動画を埋め込んだりできます。上の画像から、まずはオーディオを選択してみましょう。すると、シーンごとに分かれた音楽素材が出てくるはずなので、気に入ったオーディオ素材を選択してみてください。

動画に関しても「動画」を選択して、お好きな動画をデザインに挿入してください。たくさんの動画が無料で用意されています。動画そのものをひとつのページとして使用しても良いですし、デザインしたデータに埋め込むこともできます。

ほとんどの音楽や動画は無料で使えますが、中には有料プランの契約が必要な素材もあります。よりクオリティの高いデザインを使いたいということであれば、有料プランの契約も検討しましょう。

画像にエフェクトを付ける

Canvaは、素材となる画像自体にエフェクトを付けることができます。ワンタッチで雰囲気を変えられるので、いろいろ試してみてください。

エフェクトを付けたい画像を選択して「エフェクト」をクリックしてください。そうすると、外部エフェクトアプリを選べるようになります。そこから好きなエフェクトを選べば簡単に画像にエフェクトを付けることができます。

別のツールで加工しなくてもCanva内で完結するので、とてもスムーズにエフェクト処理が可能です。